【ピッチャー】背筋トレーニング!球速アップさせる強化エクササイズ

球速を上げていくために必要なフィジカル力は主に、脚力、ジャンプ力( 瞬発力 )、腕力( 握力 )そして背筋力の4つです。

各筋肉群で必須な力ですが、ピッチングで1番大きな出力パワーを必要とするのが背筋です。

それは、背中の大きな筋肉層を力点に身体が回転していくためで、投球腕は背筋ないし肩甲骨を支点に回転して速度を上げていきます。腕は身体の外側を周りますから、スイングスピードが加速するほどその遠心力に耐えうる筋力が必要です。

速い球を投げれるピッチャーは、強い背筋の収縮と伸張があるのが特徴です。そこで今回は、球速を爆発的にアップさせるために役立つ背筋トレーニングを取り上げていこうと思います。

physical training

ピッチングでの背筋の使い方

ボールのスピードは、投球腕の速さに比例しますので、ボールをリリースする手のスイングスピードを最大限にあげなければなりません。そのためにはまず・・・

体の各パーツの筋肉を収縮させる 筋収縮の出力を爆発的にさせる。

という条件があります。体の大きな筋肉群である背筋をより収縮させるためには、『 両手・両腕を内捻( 内側に内旋させた状態 )させ、両肘を背中より奥深くに突き出す。』という動作が必要です。

速球ピッチャーは、バックスイングトップに入った時に、鋭い腕の内捻と背筋の収縮が見られます。そこから一気に【 肩→肘→手首→指先 】とレートローリングさせ、背筋を伸ばして爆発的な力を加えていくんですね。

このとき、下半身からの捻りのパワーと肩の捻転を連動させるために、背筋はブレーキの役割をします。『 しっかりと耐え、筋肉を伸ばしながら力を出していく。』ことで安定した爆発力が生まれてきます。

ピッチングでの下半身強化方法はコチラを参照してみて下さい。↓↓↓

【ピッチャー】球速アップさせる下半身トレーニング!筋力強化メニュー
ピッチャーにとって速い球を投げれることは、バッターを打ち取る上で非常に有効な武器になりますよね。球威のある球を投げる為に必要な要素って何でしょう? まず、正しくボールに力を加えられる合理的な投球動作( 自分に合った )を身につけることが必...

(1985~1997) 西武ライオンズのピッチャーとして150km/hの速球と高速スライダーを武器に『 オリエンタル・エクスプレス 』と呼ばれた郭泰源のピッチングフォームを参考にしてみましょう!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

陳思銘(@mingchen917)がシェアした投稿

腕の内捻と背筋の十分な収縮が見られますね。

さて、こういったピッチングに際しての必要な背筋力の強さをつける為に、効率のいいエクササイズをピックアップしていきたいと思います。

エキセントリックトレーニング

エキセントリック収縮とは、筋肉が伸ばされつつも外的負担( 重力 )などによって筋力を発揮する運動 のことで、新しいトレーニングメゾットです。

簡単に言うと『 持ち上げる 』のではなく、重力に逆らって『 下していく 』ことで鍛えていくトレーニング方法ですので、ピッチングでの背筋の役割( ブレーキを利かせて耐えながらも筋力を発揮する。)には有効な強化トレーニングだと感じます。

ここではダンベルを使って、背中を覆う広背筋を鍛えるエクササイズを紹介します。

l

注意する点は、エキセントリック収縮を効かせるために『 ゆっくり下ろす。』ということです。

メディシンボールトレーニング

メディシンボールとは、1㎏~10kgくらいの重さのあるトレーニングボールのことで、重さによって大小様々な大きさもあり、投げるトレーニングができるというメリットがあります。

瞬発的に投げるときには体全体を使いますので、背筋や腹筋など体幹部を鍛えるのに有効です。

色々なエクササイズがありますので、動画で見てみましょう!

 

下半身の力を上半身にタイミングよく連動させるために、非常に有効なパワートレーニングです。捻りを加えて後方に投げるエクササイズなどは、背筋は勿論、ピッチングで必要な腹筋の外側にある腹斜筋も鍛えられますね。

瞬発力系を鍛えていくのが目的ですので投げるとき背筋を力点に腕を速く振ることがポイントです。背筋は速筋比率の高い筋肉群ですので、ピッチングのパフォーマンスには極めて有効です。

動画の中から、自分に合ったエクササイズをやっていきましょう!

プロ野球ピッチャーが実践している体幹トレーニング

読売ジャイアンツ投手陣のトレーニング動画をアップします。

現代のトレーニングは昔の『 ピッチャーは走り込んで投げ込みだ!』という練習と違って、専属トレーナーが付いて、『 あらゆるトレーニング方法で筋力を鍛えている。』という印象です。

 

動画内で見られる、チューブを使って背筋の収縮と伸張を素早く繰り返すエクササイズは、肩甲骨の可動域を広くするにも効果的で非常に良いと思います。軽めの負荷で、スピードをつけてやっていきましょう!

各種体幹トレーニングは、中心軸をブラさずに捻りを加えるピッチングパフォーマンスで、確実にパワーを増していくでしょう。

ピッチャー背筋トレーニング まとめ

球速をあげていくために、前述した下半身の力を上半身に連動していく段階で、これから腕のスイングを加速させていくときに、根幹部分である背筋の力が安定しないと体重移動の際、そっくり返ったりして中心軸がブレてしまいリリースポイントが定まらなくまってしまいます。

『 そのスポーツの運動様式に有効な筋力は何か。』に着目して取り組むことで、成果は大きく変わってくると思います。

前記したこれらのフィジカルトレーニングを、しっかりと積み上げていくことは、間違いなく球速をアップさせ、ピッチングパフォーマンス向上に繋がっていくと確信します。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました