佐藤輝明【ドラフト注目】の父は柔道家!プロフィールや経歴は?

野球ボール

今年もプロ野球ドラフト会議の時期がやってきました。

野球を志すアマチュア球界の選手にとって、憧れのプロ野球選手になれる切符を手にできる運命の日。

今年のドラフトも高校・大学・社会人から有望選手がひしめく中、1番の注目を集めているのが・・・

佐藤輝明選手( 近畿大学 )です。多数球団1位候補筆頭のスラッガーなのです。

そこで今回は、2020年ドラフト1位候補、大学野球界屈指の長距離バッターのこれまでのプロフィールや経歴に焦点を当てていこうと思います。

佐藤輝明選手のプロフィール

  • 佐藤輝明( さとう てるあき )
  • 1999年 3月13日生
  • 兵庫県西宮市出身
  • 三塁手兼外野手( 右投げ左打ち )
  • 187㎝・96㎏

 

野球は小学校1年から始めたそうです。今はシニアやボーイズといった中学生から硬式ボールを握る子供が多い中、高校までは中学校の軟式野球で頑張っていました。

高校も『 何が何でも甲子園へ出たい!』というタイプではなく、甲子園出場経験がない地元の仁川学院に進学しました。そこでも『 サッカー部に入ろうか迷った… 』というくらいですから当時はあまり野心はなかったようです。

 

しかし、人間何がやる気を出させるのかわかりません。

高校入学後、ウエイトトレーニングで肉体改造を始めます。入学時から体重も約30㎏アップさせ2年生から4番を打てるまでに成長しました。

高校成績は、2年時からクリーンアップを任されるものの県大会4回戦が最高でしたが、通算20本の本塁打を打っています。

187㎝、96㎏から放たれるパワフルなスイングに関西大学野球の名門・近畿大学が目を付けたんですね。

大学で才能を開花させる

大学に入ると1年生の春からレフトのレギュラーポジションを取り、秋には4番を任されるようになります。

これまでに大学通算、3試合連続を含む14本塁打( リーグ最多記録 )を放っており、2年生の時には大学日本代表に選ばれています。

50mを6秒フラットで走り、遠投は100mという強肩。そんな抜群の身体能力を活かしたプロ注目のバッティングがこちら↓↓↓です。

2020ドラフト候補 佐藤輝明 近畿大学 ホームラン集 【阪神】【広島】調査中

何かソフトバンクの柳田悠岐( ギータ )を彷彿させるバッティングですね。

右肘( 後ろ肘 )の使い方がメジャー流でパワフルなスイングです。右にも左にも広角に飛距離が出せるのが凄いですよね! これはプロのスカウトも注目するのがわかります。

そんな土台がしっかりとしたバッティングの裏には、ある能力的な秘密があったのです!

それが・・・

佐藤輝明選手の父親は柔道家だった

柔道

佐藤輝明選手の父( 博信さん )は、日本体育大学時代に全日本選手権に出場し、86㎏級3位の成績を残すほどの選手だったのです。91年の講道館杯には優勝を果しています。

1967年生ですので現在53歳、私と同い年でした。ということは「 昭和の三四郎 」と呼ばれた1992年のバルセロナオリンピック 71㎏級 金メダリストの古賀俊彦さんと同期なはずです。

父親も184㎝と大柄で筋骨隆々であるから、血は争えないといいますか、DNAは確実に引き継がれていますね。

 

DNAにまつわることで1つ思い出しました。それは私が高校在学中、同高校の陸上部にハンマー投げの有望な選手がいたんですね。その選手を臨時でコーチに来たのが当時日本ハンマー投げの神様、あの室伏重信氏だったのです!

そう、2004年アテネオリンピック金メダリストの室伏広治さんのオヤジです。この人を目の前で見た時の印象が・・・

ゴリラちゃうか?』みたいな感じでした。もう骨格と筋肉の付き方が日本人離れしているんですね。

数年後、息子の広治さんをテレビで見た時に『 やはり、あのオヤジあって、この息子ありだ。DNAは受け継がれるものだ。』と痛感させられました。

話がそれましたが、佐藤輝明選手もパワフルなアスリートのDNAで日本球界に旋風を起こすこと間違いなし!だと確信しています。

佐藤輝明選手 まとめ

即戦力として期待がかかる佐藤輝明選手ですが、すでに巨人、阪神、オリックスなどから1位指名候補に挙げられていますので、どこの球団が交渉権を取得するのかが楽しみです。

ピッチャーが上位を占める確立が高いドラフト会議で、野手がこれだけの評価を受けているのは、かつての原辰徳・清原和博・松井秀喜などに匹敵するスラッガーとしてのスケールの大きさとスター性を秘めているからに他ありません。

父親譲りの肉体から繰り出されるフルスイングで、日本球界を背負う存在になってほしいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました