ダルビッシュ有が実践する栄養学!肉体を維持する食事やサプリに驚愕

食材

メジャーリーグ、サンディエゴ・パドレスに在籍するダルビッシュ有投手。もう説明がいらないくらい有名なピッチャーですね。

東北高校時代は、エースとして甲子園に4度出場。2004年ドラフト1位で日本ハムファイターズに入団。数々のタイトルを獲得、NPL7年間シーズンで通算94勝・防御率2.04の驚異的な成績を残し日本球界最高の投手として2012年に渡米、MLBテキサス・レンジャーズに入団します。

メジャーでも七色の変化球を操り、ドジャース(2017年)・カブス(2018年~2020年)で通算71勝

2021シーズンからトレードでパドレスに移籍し、更なる活躍が期待されるスーパーピッチャーです。

そんなダルビッシュ投手が、メジャーでの パフォーマンス向上のために超ストイックなコンディショニングを実践 しているのだそうです。

世界最高峰の舞台で活躍し続けるための ダルビッシュ流肉体管理法 をお届けしたいと思います。

ストイックな食事メニュー

特に驚いたのが肉体を維持していくための 栄養管理面 です。

栄養学の本を読み、綿密に計算されたカロリー摂取 を心掛けているんですね。とにかく『 体に良いものしか取り入れない。』という意識が凄いです。

ダルビッシュ選手のインスタグラムで挙げている食事メニューの写真を見ると納得しますよ。

その一部がコチラです。

これは朝食。オートミールや鶏胸肉ですね。

まるで大会前のボディビルダーが食べるようなメニューです。

夕食に限ってもこんな感じ。。↓↓↓

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Yu Darvish(@darvishsefat11)がシェアした投稿

また鶏胸肉です!『 えっ、これだけ?』と思ってしまいます…

シチューの中にはブロッコリーなどの野菜、ご飯は発芽玄米でビタミン・ミネラルがバッチリですね。

毎回こんな感じではないにしても、絞る時は徹底した節制をしているのがわかります。

また、ピーマンやトマトなどの野菜をタッパーに入れて球場に持っていくそうです。

 

2017年に右肘のトミージョン手術をしてから、徹底した肉体改造に取り組みました。日本ハムファイターズ時代の時はスラッとした細身の体型でしたが、現在は筋肉の鎧をまとい体重100kgのたくましい体に変身していますね。

パワーで勝る外国人に勝っていくには、色々な知識を身につけ栄養面やコンディションからのアプローチも視野に入れていく姿勢が伺えます。

そんなダルビッシュ選手が、栄養面で参考にしている本が『 図解入門 よくわかる栄養学の基本としくみ 』

  • 栄養と運動や病気の関係は?
  • 筋トレしている時には、どんな食事が効果的か?

など、わかりやすく図解入りで書かれていて、肉体管理をしていくにあたって、とても参考になる本です。

筋肉補強にはプロテイン

筋肉を作るタンパク質摂取には、やはりプロテインを愛飲しています。アスリートにとってパワーの源である筋肉維持は、とても重要なことですので選りすぐった厳選をしています。

そのダルビッシュ選手が愛飲しているプロテインが・・・

『 パーカーサーのホエイクエスト アルティマ 』

以前、自身がYouTubeで動画をアップしていましたね。コチラです。

【最高品質】愛用のプロテインはこれです!!/ Yu Darvish

ホエイですので『 乳清 』のプロテインです。ホエイプロテインでも

WPI製法といって乳糖や乳脂などを取り除いて( 分離 )ほぼほぼ90%タンパク質だけにする製法で作られるので高タンパクで吸収率が良いのが特徴です。

タンパク質含有量が他のプロテインと比べて高いんですね。

 

一般に日本人は、ご飯をたくさん食べてエネルギー源である炭水化物の摂取量は多いのですが、筋肉の材料となるタンパク質摂取が少ない傾向にあると言われます。

このタンパク質が不足すると筋肉量が落ちてパワーの持続が困難になってきますし、内臓の修復にもアミノ酸が必要なので、体調不良の原因となりパフォーマンスにも影響を及ぼしてしまいます。

タンパク質を多く含む肉、魚、卵、大豆などをふんだんに摂取するのは勿論大切ですが、食材によっては多くの脂質を含んでいます。そこで高タンパク質・低脂質を上手く補給するには、動物性( 牛乳タンパク )の『 ホエイプロテイン 』が最適なんですね。

その中でも最高品質のプロテインが、このホエイクエスト アルティマだとダルビッシュ選手は言っています。

最近、自身がアドバイザーを勤める務めるユートリジョンというサプリメント会社の『 DNAプロテイン・WPI100なども飲むときもあるそうですが、基本今でも飲んでいます。』とツイッターで語っています。

https://twitter.com/InuiGMinami3710/status/1300586459594780674?s=20

 

そして最高品質の効能の1つが・・・

シトルリンが配合されている

シトルリンというとスイカに多く含まれるといったイメージですが、このシトルリンという遊離アミノ酸の一種は、スーパーアミノ酸とも呼ばれ『 筋肉補強 』や『 疲労回復 』に影響があるんですね。

その効能は、血管拡張作用があり血流を活発にさせ、運動能力の向上を促す働きがあることです。

また、乳酸やアンモニアといった疲労物質を除去させるため運動パフォーマンスには欠かせない栄養素です。

アルティマプロテイン100g中に、4gが含まれています。

プロテインを飲むタイミングは

運動して筋肉を使うと、グリコーゲン( エネルギー代謝に必要な物質 )が消費され筋肉の組織がダメージを受けます。つまり筋肉を削りながらエネルギーに変えているんですね。

筋肉量を落とさないためにはダメージを受けた筋肉組織に対して、いち早く筋肉の元であるアミノ酸を補給してサポートしてあげなければなりません。

それが… トレーニング( 試合 )後、1時間以内が最も体内で筋タンパク合成を促進させるのですここがまさに筋肉増強のゴールデンタイムなんですね。

ダルビッシュ選手は、運動後は勿論のこと朝・昼・晩の食事後と寝る前、1日5~6回の摂取をしているそうです。やはり充分に必要な栄養を蓄えていないと身体に支障をきたし良いパフォーマンスにつながりませんよね。

ダルビッシュ選手が愛飲する最高品質のプロテインです。

体調管理にビタミンサプリメントも摂取

サプリメント

元々食が細いそうなので、食事だけではカバーできない栄養素をサプリメントで補っています。

その数、1日になんと8種類・30錠 にもなるようです。

まとめてみますと・・・

  • ビタミン系・・・マルチビタミン・ビタミンA・B・C・D・E 各種錠剤
  • 関節リカバー・・・ジョイントリペア
  • 消化器系・・・消化酵素

凄い数です!かなりビタミンには神経を使っているのがわかります。

抗酸化作用や疲労回復、免疫力アップ、関節のケアを考えて体調管理と肉体のメンテナンスをしているんですね。

まとめ

ここまでのコンディショニングをまとめてみます。

  • ストイックなまでカロリー計算されたメニューの食事をとっている。
  • 筋肉増強でのタンパク質摂取には、パーカーサーの『 ホエイクエスト アルティマ 』を飲用している。
  • 8種類のビタミンサプリメントで体調管理をしている。
  • 栄養学の本を読んで勉強もしている。

ということがわかりました。

ダルビッシュ選手自身、メジャーにきて体調不良に悩まされた時期もあり『 自分の身体に対して不安を感じた。メジャーで勝っていくためには筋力と体力をつけなければいけない。』と痛感したそうです。

筋肉( 筋力強化 )は、確実にパフォーマンス向上につながるという確信のもと、トレーニング・食事・サプリメントを重視しコンディション作りをしているんですね。

今回は、栄養面( 食事・サプリ )に関してダルビッシュ流コンディショニングをお伝えしてきましたが、

次回は、肉体面でのメンテナンスや調整方法なども書いていこうと思います。

では、最後まで読んで頂き ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました